2020年10月22日(木) 09:18 JST

決算審査は3年連続の不認定!第3回定例会が閉会

  • 印刷用画面
  • 2020年10月13日(火) 13:25 JST

第3回定例会が10月6日をもって閉会となりました。

最終日は、決算審査、追加送付議案、意見書、決議の本会議採決を行ったのですが、注目の決算認定は反対17:賛成6で3年連続の不認定!

村山ひできは賛成(認定)しましたが、西岡市長1期目のラストイヤーに対し議会の多くは厳しい評価を下しました。

 

今回の決算の審査対象は2019(平成31・令和2)年度ですが、この年は西岡市長にとって4年の任期の最後の1年間でした。

 

市政を前進させた施策や事業も多い年だったと評価しつつ、業務ミスが多発した年であったことも否定できません。

 

多くの議員が反対討論で不認定の理由を述べていましたが、西岡市長の政治姿勢とマネジメントに注文をつける点は共通していたように感じました。

 

西岡市長には、今まで以上にリーダーシップを発揮し、庁内ネジメントの掌握を求めます。

 

市政レポート2020年10月1日号が完成しました

  • 印刷用画面
  • 2020年10月 2日(金) 15:17 JST

村山ひでき市政レポート(2020年10月1日号)が完成しました。

補正予算(第6回)への組替え動議に対する反対理由や総務企画委員会で行った参考人招致をまとめたレポートとなっています。

こちらからご高覧ください。

 

補正予算は組替え動議で可決

  • 印刷用画面
  • 2020年9月30日(水) 22:07 JST

9月25日は市長提出議案などが本会議で採決される区切りの日。

一般会計補正予算(第6回)に対し、他会派から組み替え動議が提出されました。

村山ひできは反対討論を行いましたが、議会多数が動議に賛成。市長が次回の補正予算で要求箇所を修正することを表明し、原案が可決されることになりました。

 

「組替え動議」とは、議会が議案に対しての修正要望などを示す手段のひとつです。

 

動議が可決された場合は、要求された内容を市長部局が反映することを約束することで、動議に賛成した議員も残った原案に対し賛成することになります。

 

今回の組み替え動議の内容は、市長原案では財政調整基金に積んだ16億8000万円の中から新型コロナウイルス感染症対策基金に1億8000万円積むというものですが、組み替え動議でなければならないとする理由が弱いと判断し反対しました。

 

詳しくは、提案議員との議員間の質疑となったhttps://www.youtube.com/watch?v=mM6BcQe90xQ  をご高覧ください。YouTube約54分後に動議に対する質疑がスタートします。

 

また、反対討論の内容はコチラでご確認ください。