青少年のための科学の祭典

2023年10月 5日(木)

9月17日、対面式の開催としては4年ぶりとなる「2023 青少年のための科学の祭典 東京大会 in 小金井」に東京小金井ロータリークラブのメンバーとして前日の設営準備から参加しました。


会場の東京学芸大学は事前予約の入場制限があり、かつてのように超満員ではありませんでしたが多くの子ども達が来場してくれました。
東京小金井ロータリークラブは物理の力学やバランスを学んでもらうべく「まゆ玉ころがし」を出展。


「まゆ玉ころがし」とは「まゆ」のようなカプセルの中に小さな鉄「玉」が入っているモノを、上から「ころがし」てキレイに下まで届くようなコースを作り、紙の板に貼って遊ぶというもの。要は「起き上がりこぼし」の原理なんですが、これが意外と難しい!
不器用な村山は受付にまわって呼び込みに徹しました!

庁舎等建設事業の検証結果について全員協議会

2023年10月 4日(水)

9月13日の市議会全員協議会にて新庁舎等建設事業の検証作業の結果と再開について説明、質疑がありました。 市の結論は、「新庁舎と(仮称)新福祉会館の同時竣工+広場拡大の再検討」をすることで事業を再開させたい、というものですが・・・。
(写真は気候危機・自治体議員として9月15日の気候危機アクションに参加した1枚です)

9項目に及ぶ検証の結果、設計費用を含む工事費コスト、設計期間、機能面等への影響を考慮すると設計に反映するだけの効果は見いだせなかったものの、新庁舎と(仮称)新福祉会館の同時竣工と広場の拡大が可能か検討し、関連予算を市民説明会後の今年第4回定例会(12月議会)に提出したいという市の考え方が示されました。

まずは今定例会の開会中に実施設計の再開に必要な予算措置を行うための補正予算案が追加提出される予定ですが、やっと議員多数が理解を示す状況になりつつも、補正予算案が可決されるかどうかは尚、予断を許しません。
いよいよ正念場の新庁舎等建設事業!引き続きご注目ください。

一般質問・・・まちのにぎわいづくりを設計し地域経済の振興を

2023年9月 8日(金)

9月6日、誕生日の翌日に一般質問を行いました。
まちのにぎわいづくりを設計し地域経済の振興を進めようと題し、デジタル地域通貨の創設、さくらポイント事業の課題解消、包括施設管理業務委託の必要性を主張しました。

 詳しくは
https://www.youtube.com/live/rguBOdoAJzc?si=NC3Xn8uzLlkYRsfK&t=165 でご視聴ください。

 

 

第3回定例会スタート!注目は新庁舎等建設事業の検証結果

2023年9月 5日(火)

8月31日から10月5日までの会期予定で第3回定例会が始まりました。


今定例会の最大の焦点は、第2回定例会で議会多数4会派13名の意思により実施することとなった新庁舎等建設事業の検証作業の結果報告です。


昨年約6か月もの時間をかけて開催された「庁舎等建設に関する協議会」で議論された主な論点を検証したのですが、必要な機能を低下させずに大幅なコストダウン(建設費の削減)等に成り得る検証結果となったのか等を確認することになります。


そして各議員が検証結果をどのように受け止めて、庁舎等建設を進めようとするのか、止めようとするのか?是非ご注目ください。


また、9月6日10時より村山ひできは「まちのにぎわいづくりを設計し地域経済の振興を進めよう」と題し一般質問を行う予定です。

ぜひ小金井市議会YouTubeでご視聴ください。
 

会派みらいのこがねい市政報告会

2023年9月 5日(火)

8月19日、またもや延伸となった新庁舎等建設事業の現状報告をメインに会派みらいのこがねい市政報告会を開催いたしました。

岸田正義議員はご親族にご不幸があり残念ながら欠席となりましたが、みらいのこがねいメンバー3名で乗り切った報告会となりました。


当日は鈴木成夫議員が司会進行を務め、村山ひできから「白井市長4公約の現状」、沖浦あつし議員から「庁舎建設事業について」をテーマに報告後、ご来場いただいた皆様から質問を受け付け、自由闊達かつ活発な意見交換の場とすることができました。お寄せいただいた貴重なご意見は今後の議会活動に反映させる所存です。

土曜日の猛暑日の開催にもかかわらず多くの皆様にご参加いただき、あらためて深く感謝申し上げます。