残時間の一般質問

2022年6月11日(土)

6月7日、日曜議会の続きとなる「デジタル技術の活用で地域経済の振興を進めよう~その2」と題し、一般質問を行いました。
今年になって2度目となる日曜議会は一般質問ということで、本来の持ち時間60分を分散させ、各議員が日頃から調査研究している市政の課題について15分の質疑を行っていました。

デジタル時代の地域経済支援として「さくらポイント」や「デジタル地域通貨」のあり方や買物困難者支援、地元商店との定期的な意見交換の設定などを要望しています。詳しくは https://t.co/LCB2RlL26Kでご覧ください。

 

第2回定例会が開会~日曜議会で一般質問15分

2022年6月 6日(月)

6月2日から23日までの会期予定で第2回定例会が開会しました。
初日には、住民税非課税世帯への10万円給付、ひとり親世帯や住民税均等割非課税世帯への児童1人あたり5万円支給、コロナ自宅療養者等買物支援事業、4回目ワクチン接種事業などが盛り込まれた一般会計補正予算(第2回)が賛成多数で可決されています。

また、6月5日には今年2回目となる日曜議会が開催され、村山ひできは「デジタル技術の活用で地域経済の振興を進めよう~その1」というテーマで質問しました。キャッシュレス決済サービスやポイント還元を行うために必要になる市内商店のデジタル化を市からも支援しようという趣旨で東京都の「商店街デジタル化推進事業補助金」に市が上乗せ補助をすることを提案しています。

詳しくは下記動画でご覧ください。

 

村山は約45分後の登場です。

そして、残時間45分間の続きの一般質問は7日(火)で行いますのでご注目ください。

献血推進協議会 総会

2022年5月24日(火)

5月21日、萌え木ホールにて第43回小金井市献血推進協議会が開催され、村山ひできは事務局長として司会進行を務めました。


書面やオンラインでない総会を開催できるのは、実は事務局として本当に助かるのです…。

翌日の22日をもって東京都のリバウンド警戒期間も終了するということもあるのでしょうか。各種団体の総会が、会場に実際に集まるリアル形式に戻ってきつつあります。


小金井市献血推進協議会は、この2年は書面による総会開催ならびに議決だったのですが、リアル開催に比べて郵送物などの手間が増えてしまう悪影響がありました。


ご高齢の会員も多く、なかなかオンライン形式によるコミュニケーションも難しく、今回のように感染防止に努めながらも短時間で開催できたことに感謝です。


また、8月7日に宮地楽器ホールにて献血活動を予定しておりますので、命を救うボランティアに是非ご協力ください。
 

市政レポート2022年5月19日号

2022年5月24日(火)

村山ひでき市政レポート(2022年5月19日号)が完成しました。

ついに正式発足した庁舎等建設に関する協議会(第1回)の報告や、村山ひできが幹事長を務める会派みらいのこがねいの現時点での庁舎等建設についてのなどをまとめたレポートとなっています。

こちらからPDFをダウンロード願います。

★市政レポート2022年5月19日号

 

庁舎等建設に関する協議会(第1回)を開催

2022年5月24日(火)

3月16日に西岡市長が議会に「これまでの庁舎等複合施設建設の設計及び建設時期を大胆に見直すことも含めて協議する場」を求めたことで、急転直下、設置されることになった「庁舎等建設に関する協議会」が5月10日に初めて正式に開催されました。


今回は、庁舎等建設について①設計、②建設時期、③建設コスト、④その他(検討を必要と考える事項)の4点について、事前に各会派が200字程度で現時点での考え方を表明しておき、当日は補足説明をしたうえで、主に議員間で質疑しあう形式を採りました(村山ひできが幹事長を務める会派みらいのこがねいの現時点での考え方は以下の表をご覧ください)。


初回ということもあり、論点を絞り切ることは難しかったのですが、各会派から要求された資料を次回5月26日の前には配布し、議論の叩き台にすることで少しでも効率的に進めていこうと考えています。

庁舎等建設4ポイントに対する会派みらいのこがねいの考え方(4月30日時点)

①設計

設計条件の決定過程を尊重してきた立場であり、基本的には現設計で了承している。建設敷地部分や施設配置など設計の根幹部分に影響を与える見直しは、基本設計はもとよりプロポーザル選考まで遡らなければならず、市民に説明ができないと考えているが、コストダウンや利便性の向上につながるような提案があれば検討したい。

②建設時期

清掃関連施設の撤去時期(令和7年度予定)を待って得られる建設コストの削減効果は、その間支払うことになる第二庁舎の賃借料(仮に3年間待つとした場合、その間の賃借料7億円強)に達しないこと、さらに建設資材価格の高騰が収まる見込みがないことを考慮すれば、建設時期の延伸は、むしろハードルは高くなる一方である。一日でも早く建設着工を目指すべきである。

③建設コスト

現設計で了承する立場である。仮にコストダウンの方策を考えるのであれば、本協議会では床面積削減の検討に絞るべきである。ただし、あくまでも設計の修正として収まる範囲であり、異なる形の建物をイメージしていない。床面積削減検討は、庁舎フロアに限らず、議会棟もすべき。さらに、建設単価が高いのは新福祉会館であることも認識すべきであり、新福祉会館について検討対象に含めるかどうか整理してほしい。

④その他

専門家が検討したCre-2が最善と考えていたが、それを変更したのは市と議会の政治的判断であった。仮に専門家を招致して参考にするならば、現設計についてではなく、建設資材価格の動向等に精通している方のほうが良い。また、最終的な建設コストは入札の結果得られるもの。そして、積算金額はその時期の建設資材価格から算出されるもので、実際の入札価格とは異なることを認識すべきである。

水防訓練でドローンに興味津々

2022年5月24日(火)

5月8日、コロナ禍により長らく開催できなかった小金井市水防訓練が久しぶりに緑小学校の校庭で実施されました。


3年振りのリアル開催となると科学技術も進んでいて、これまでなかった「ドローンによる監視警戒訓練」が新たに加わり会場を沸かせていました。

災害時においてドローンを活用した技術提供および支援活動を行う災害協定を小金井市と結んでいる㈱フライトによるドローン操作。上空から地上を撮影したモニター映像は想像以上に鮮明でビックリ!


台風・集中豪雨などの多発期に備え、小金井消防署、市消防団などの関係機関、地域の方々と連携した水防訓練ということで、市職員や消防署員のほか、市消防団や町会自治会等の各関係機関の皆様、市民の皆様等、約300名の方にご参加・ご協力をいただいての有意義な訓練となりました。
 

市政レポート2022年4月25日号

2022年4月26日(火)

村山ひでき市政レポート(2022年4月25日号)が完成しました。

合計7回の準備会議の結果、正式に正式名称が決まった「庁舎等建設に関する協議会」についての報告や、全会一致で採択した「ロシアによるウクライナ軍事侵攻に抗議する意見書」を紹介するレポートとなっています。こちらからご高覧ください。

こちらからPDFをダウンロード願います。

★市政レポート2022年4月25日号